和食でヘルシーなのは豆腐だけ?

・トンカツ、天ぷらのような揚げ物は論外

・寿司は野菜少ないしシャリには砂糖入っている

・煮物も砂糖多い

・漬物、梅干しは塩分過多

霜降り肉も脂身たっぷり

 

和食がヘルシーと言われるのは

・肉が少なく海鮮が多い
・豆腐や納豆のような大豆食品が多い

ぐらいでしょうか?


でも近年は肉料理が人気です。
豆腐や納豆もメインで食べることは少ないです。


和食がヘルシーではなくヘルシー嗜好の日本人が多いだけですよね?

不健康の代表であるアメリカ料理?でも
日本人が量とバランスに気を付けて毎日の献立を考えれば十分ヘルシーだと思います

 

真夏に冷え性が辛いやつww

少し遠くへ買い物に行ったのですが帰宅した後も足の裏が熱くなっていて困りました。


風呂場で冷水に浸けてみたのですが全く治りません。
(逆に酷くなった気がします)

調べてみるとなんと冷え性が原因のようですww


冷え性でなんで熱くなるの?と思いましたが、要するに

1.筋肉量が少ないと血行が悪くなる(冷え性の定義)

2.血行が悪くなると体温調節ができなくなる

3.冬は冷たくなり夏は熱くなる

という理屈です。


確かに数年前まら冬になると足が冷たくなって難儀してます。
歳のせいで足の筋肉が落ちたのが原因のようです。


因みに熱くなった足を冷水で冷やすのは最悪らしいです。
逆に温めて血行を良くしたほうが効果的らしいです。

【真面目系クズ】大事なものが健康と貯金しかないやつww

「命の次に大事なのはなんですか?」という定番のアンケートがあります。

私の回答は健康です。

やはり歳をとるにつれ健康の有難味が増してきますよね。
冗談ではなく「健康の為なら死んでも良い」です。
もちろんお金も大事ですけど一番目と言うのはちょっと・・・


一般的な回答としては
・家族
・友人、恋人
・仕事
・趣味、嗜好
・財産

なんかがあるようです。
まあ人それぞれですよね。
順位を付けるのは難しいでしょう。

 

でタイトルなんですが
問題は私の大事なものって健康と財産しかないんですよねww


独身で恋人も家族もいませんし知人すらここ数年は連絡すらしてません。
仕事はもちろんありませんww
趣味はありますが(アニメやゲーム)若いときほどの情熱はありません。
なくても恐らく平気です。


寂しい人生というか逆に大事に思わなかったからこういう人生なのか・・・

勝利投手ってただの運ゲーだよね?

また野球ネタです。


先発投手の評価って勝ち星ですよね?
名球会も200勝が条件ですし。


でも先発完投なんて既に昔の話です。
今の先発投手の役目は最低6回は投げてリリーフに繋ぐことです。


勝星が付くか付かないかんてただの運です。
もちろんワンシーズン通せば運もある程度は平均化されます。。


しかし運が偏る人も中には存在します。
毎年に一人くらいは毎回好投しているのに勝星が付かない不運な投手とかその逆の投手とかいます。


もうそろそろ合理的な評価方法を考えるべきです。


私が考えた評価方法は以下の通りです。


1.先発して6回を3点(自責点)で抑えれば5ポイント

2.イニングが1回伸びる毎に1ポイントアップ

3.自責点が1点増えるごとに1ポイントをマイナス、

4.自責点が1点減るごとにごとに1ポイントをプラス


例1 7回を自責点1点だったら 3+1+2=6

例2 9回を自責点4点だったら 3+3-1=5


どうでしょう?
(無職が考えたにしては)合理的だと思いません?

これならより純粋に先発投手の力量が評価されると思います。


もちろん細かいポイント配分には異論があるのは認めます。


PS
5回か6回かで迷いましたが6回にしました。
完投や完封でボーナスを付けるのはアリかもしれません。
1イニングで2ポイントのほうが難易度にあってますかね?難しいです。

貧乏なくせに中国産食品を避けるやつww

昨日書いたように夏になると業務スーパーで冷凍食品をよく買います。


そして業務スーパーの冷凍食品って中国産が多いんですよね。
特に冷凍野菜系は8割が中国産です。

別に長生きしたいわけでもないんですが中国産の食品、それも野菜は買うのに抵抗があります。


私は野菜はそんなに好きではありません。
ただある程度は食べないと身体に悪いかなと思って食べてます。


ですが中国産はしばしば問題を起こしています。
まあ確率的には大したことはないかもしれません。


でも身体に良かれと思って食べた野菜で身体を壊したらアホですよね?
なので貧乏なくせに中国産を避けています。


PS
避けているのは中国産と明記してある食材だけです。
加工食品なんかはかなり怪しいのですが気にするとキリがないので・・・

正直、金銭的にはかなりの普段です。
気にせず中国産をバクバク食べれば食費は7割以下に抑えられると思います。

 

暑いと缶詰と冷凍食品を買いだめする奴ww


また暑くなってきましたね


最近は買い物するのも辛いので業務スーパーで缶詰と冷凍食品を買いだめしてますww


特に缶詰は良いですね。
フタを開けるだけで食べれますし
冷蔵庫で冷やすとさらに美味しいです。


サバ缶、サケ缶、サンマ缶なんかが安くてお勧めです。

高校に「お笑い部」ってありそうだけど意外と無いようです。

落研があるのだから漫才部とか芸人部とかあってもよさそうですよね

最近は漫才甲子園とかも開催してるようですし


どのくらいあるのかな?と検索してみたのですが・・・意外と無いようです。


でも芸人志望の若い人は高校で「お笑い部」に入ったほうが絶対に有利ですよね。


1.自分の適正や才能の有無が早い段階で分かる
お笑い部に入って同学年の部員と漫才とかで競えば自ずと自分の位置が分かります。
高校を卒業していきなりNSCとかに入学した後に自分に才能が無いと分かるのは辛いですよね。
高い授業料は無駄になります。
何より若い貴重な時間は取り戻せません


2.挫折してもダメージが少ない
入部した後に才能が無いと分かってもダメージは少ないです。
下手なりに努力するも善し楽しむのに変えても善し
きっぱり諦めて勉学に勤しむも善し
部活動なのですからリスクは低いです。


3.「お笑い脳」の英才教育ができる
ネタにしても大喜利にしても独特な思考が必要です。
この思考回路を形成するには脳みそが若いほど有利です。
中卒の千原ジュニアなんかはこの回路が優秀な気がします。


4.相方を見つけやすい
学生時代の友人からコンビになる芸人も多いですよね。
やはり付き合いが長いコンビのほうが有利な一面があるのでしょう
それなら「お笑い部」は最適です。


5.学校のアピールポイントになる
部活動でアピールする高校は多いです。
でも今更新設校や弱小校はサッカーや野球で強豪になるのは不可能に近いです。
その点お笑いならまだ横一線ですし注目度も十分です。
投資するならここでしょう‼


6.芸人が顧問として再就職先できる
開花しない芸人さんは大勢います。
でも大学で教員免許をとれば顧問になれます。
M1で上位入賞したけど芽が出ないみたいなタイプは教師に向いているかもしれません。
お笑い名門校とか発生すれば免許がない人もコーチとして雇えますよね

 

どうです?
利点ばかりでしょう?


野球にしてもサッカーにしてもいきなりプロになれる人はいません
部活動やクラブチームで鍛えられ大会で注目された選手がプロ入りします。


ところが芸人さんだけは高校を卒業していきなりNSCとかに入学します。
繰り返しになりますが非常にリスキーです。(そこが魅力でもあるのですが)


全国の学校長の皆さん、是非「お笑い部」を創設しましょう‼