勝利投手ってただの運ゲーだよね?

また野球ネタです。


先発投手の評価って勝ち星ですよね?
名球会も200勝が条件ですし。


でも先発完投なんて既に昔の話です。
今の先発投手の役目は最低6回は投げてリリーフに繋ぐことです。


勝星が付くか付かないかんてただの運です。
もちろんワンシーズン通せば運もある程度は平均化されます。。


しかし運が偏る人も中には存在します。
毎年に一人くらいは毎回好投しているのに勝星が付かない不運な投手とかその逆の投手とかいます。


もうそろそろ合理的な評価方法を考えるべきです。


私が考えた評価方法は以下の通りです。


1.先発して6回を3点(自責点)で抑えれば5ポイント

2.イニングが1回伸びる毎に1ポイントアップ

3.自責点が1点増えるごとに1ポイントをマイナス、

4.自責点が1点減るごとにごとに1ポイントをプラス


例1 7回を自責点1点だったら 3+1+2=6

例2 9回を自責点4点だったら 3+3-1=5


どうでしょう?
(無職が考えたにしては)合理的だと思いません?

これならより純粋に先発投手の力量が評価されると思います。


もちろん細かいポイント配分には異論があるのは認めます。


PS
5回か6回かで迷いましたが6回にしました。
完投や完封でボーナスを付けるのはアリかもしれません。
1イニングで2ポイントのほうが難易度にあってますかね?難しいです。